Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
RECOMMEND
グータリアンの愉快な仲間たち【その壱】
category: Guesthouse&CafeBar | author: gootarian 作家
0

      実は、民泊のきっかけはラグビーワールドカップである。工房でラジオを聞きながら仕事をしておると「民泊募集」のCMが、耳に飛び込んできた。吾輩は本能的にこれじゃーと思ったのである。実は、娘が高校の頃ホームステイのホストハウスをやったことがある。熊本市の姉妹都市としてUSAのテキサス州がある。そこからダニーが来日してきた。2か月ほど我が家に異種文化が、流れ込み賑やかな空気に充満していた。そして、彼女は不思議な香りがしていた。何かの香水かと思いきや、その謎が解けた。ある時、大量のアメリカのお菓子が我が家に送られてきた。色とりどりの甘〜い匂いのするお菓子である。なんとそのお菓子の香りとダニーの体臭がいっしょなのである。まさかお菓子の香水はつけておるまい。やっぱお菓子の食べすぎで体臭までもお菓子臭になるのか未だに不明である。

      まあ、そんなこんなでゲストハウス事業が出発したのだ。

     そこで、心に残るfunnyなゲストとのエピソードを紹介していきたい。勿論了承済みである。

    まず、ラグビーワールドカップできた上記の親子は、熊本であったアイルランド戦を観戦にきたのである。

      義理の息子のLEEは、見ての通りマッチョである。3年前にラグビーの現役を退き、前回のラグビーワールドカップの時はチームのトレーナーだか何だかをしていたらしい。

     1Fの洞窟部屋だったが、入口の小さい1Fでは、体がでかく入室困難になった。仕方なく2Fに泊まってもらった。いきなり、出鼻をくじかれた思いである。これから、1Fのご予約のゲストは体の小さい人が来るように祈る今日この頃である。

     

    comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
    ゲストハウスはじめました。
    category: - | author: gootarian 作家
    0

        ということで、ラグビーワールドカップをきっかけに民泊事業をはじめたのだ。

      どうも民泊事業は、吾輩にあってるらしくとても楽しいのである。世界中の色々な人と友達になることができるし、様々な価値観を知ることができる。

       ただし、日頃使いなれてない英語をなるべく使おうとするため、脳ミソが疲れる。最後、ゲストを安全に送り届けるまで、結構気を遣うのだ。しかし、その疲れもゲストの笑顔に救われる。そして、笑えることが結構ある。お互い翻訳機能のミスで、おおぼけを食らうこともある。

       Sophieちゃんというイギリス娘との会話の時、シャワールームに行く前のこと「shower]と「Show」のタッチミスで、いきなり「私は見せるのが大好きです。」と翻訳機を見せられた時には、

      目の玉が飛び出しそうになったものだ。

       まああれやこれやで、楽しくエキサイティングな日々を送ってる。

      comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
      kamakuraゲストハウス
      category: Cafe & Bar | author: gootarian 作家
      0

        これは、鎌倉のハンバーガー屋兼ゲストハウスである。

        オープンな佇まいで雰囲気がとてもよかったので参考にと・・

         

        見えないが、部屋の中のぶら下がってる提灯がなんともええな。

        comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
        誠王会情報
        category: 日記 | author: gootarian 作家
        0

           

           

          誠王会のほうも今年は戦績もまあまあだった。

           このSKジム主催の大会は2勝1KO。(左画像)

           

           また、中学のMは初トーナメントで2勝1KOで優勝。

           白帯初出場で、決勝の黒帯を上段廻し蹴りでなんとKO!

           

          なんと運のいいやつだろう。ほんと冗談廻し蹴りである。

           

           まあこれからも楽しくやっていこう。

          comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
          京都の旅!
          category: - | author: gootarian 作家
          0

            京都では、神社仏閣めぐりである。平日だというのに観光客でどこも一杯である。

            日本が再び鎖国でもしたら、京都の経済は大打撃であろう。

             

            本当に観光都市とはこうゆうものなのだろう。

            comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
            鎌倉で「シラス定食」
            category: - | author: gootarian 作家
            0

              これは、鎌倉名物「しらす定食」なのだ。生しらす・釜揚げしらす・かき揚げとこれでもか!これでもか!のシラスのオンパレード
              である。なんと昼から久しぶりに生2杯!飲むときはたまらんが、後がきついきつい。


               

               
              comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
              一年ぶりのアップロード
              category: Cafe & Bar | author: gootarian 作家
              0

                 

                一年ぶりのアップロードで申し訳ないです。

                なにやかんやと特に理由はなかったのだが、一年ぶりになり申した。

                 

                これからは週一目指してがんばりますばい。

                 

                Cafe & BARの運営も少し路線を変更して、ゲストハウス兼用にすることになった。

                 

                 ・・・で、二階をまた改装したのだ。これがアフターなのだ。

                comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                穴から出てきたら暴れ者
                category: - | author: gootarian 作家
                0

                  comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                  幻のざる板うどん
                  category: 日記 | author: gootarian 作家
                  0

                     

                     20年ほど前吾輩は、北九州に行った。小倉北区に平尾台というカルスト台地がある。知り合いの情報をもとに老舗の「かかし」といううどん屋でお昼をとった。

                     「ざるうどん」でなく「ざる板うどん」となるものをたのんだ。うどんのトッピングは、レモンとシーチキンという非常に家庭的なものであったが、一口くって不覚にも唸ってしまったのだ。まさに「美味しんぼ」の一場面のごとく「こ・・・これはっ!」

                      今迄、旅先でいくつものうどんをくってきたが、この喉ごし、深く味わいのあるタレはまさに絶品である。

                      それから北九州にいく度、この「かかし」によってたのだが熊本に来て以来ご無沙汰であった。それが、今回北九州に用があって行った時、ふとしたことで思い出した。

                     なんせ20年前の記憶である。現在まだお店があるかわからない。ネット検索したら現在位置に近いではないか。問い合わせしてみる「え〜となんか、昔食べたんだけど板のうえにのっておるぶっかけうどんみたいなのあります?」

                     ありました!善は急げ!我ら一行は、はやる気持ちを抑えつつ国道を飛ばして向かったのだ。

                     20年前に比べると店の周りは建物がたち、外観も若干かわってたが、ショーウインドの中身は当時のままである。我々は迷うことなく「ざるいたうどん」を頼んだ。そもそもこの際「ざる」は関係ないので「いたうどん」でよいのではないかと思うのだが、「ざるいたうどん」である。しかし、ざるでなく板を使っとる先見性はあっぱれである。たぶんレモンを絞るから板を使っているのであろうが、最近はバルブームでやたらと食材オンザ板である。それを20年前からやるとは・・・。

                     ・・・で、「ざる」がないのに「ざるいたうどん」。やっぱり「ざる」という字から「美味しそう」と脳が連動するのであろう。20年前である。「いたうどん」では脳が「美味しそう」と連動せず、なんで食い物を板の上にのせるのか怪しからん、不衛生

                    であるとイメージするから、ざる無し「ざる板うどん」なのである。

                      まあ、あーだこーだ言ったが兎も角、絶品の一品である。

                    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                    イベント終了!
                    category: - | author: gootarian 作家
                    0

                       

                        1周年イベントも無事終了した。キックボクシングルール3試合、ボクシング、プロレス等ミックスして、なかなかの白熱した試合であった。また音楽部門では、ダーハラ君もなかなか聞かせてくれた。内容はユーチューブでアップされておる。

                      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                      new old
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      LINKS
                      PROFILE
                      OTHERS
                      SEARCH