Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
2018幕開け
category: 日記 | author: gootarian 作家
0

     2018年元旦。一年の計は元旦にあり。公私ともに「栄光の年」にする。

    昨年は「変化の年」であったが、今年はさらに広く安定させ大躍進の一年にする。

     しかし、犬は不思議な力をもっておる。これは最近ケンボウから聞いた話だ。

     

    ジャックは、基本2Fから3Fの階段は登れない。

     しかし、吾輩の闘病中の二年間だけは登れてたのだ。

     自宅の3Fがわしの病室であった。我が人生の暗黒の二年間だけはいつも3Fまで登ってきて、いつもわしの横に寄りそっていてくれた。

     お陰で、再び蘇ることができた。するとわしが全快して一週間後には、ピタッと登れなくなったらしい。

     

      不思議なもんである。わしを救う一念がこの犬に力を宿したのだろう。

      そのジャックも今年10歳になる。最後までジャックの恩に報いていくつもりである。

    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    謹賀新年2018
    category: 日記 | author: gootarian 作家
    0

       

      明けましておめでとうございます。 

        今年もよろしくお願いします。

       

       ネットTVで最近話題になっとるのが、清原和幸にスピリチュアルカウンセラーの江原氏が、カウンセリングした内容である。

       

        これ以上ないどん底状態の清原を救うことができるか否は今後の清原の生き方次第であろう。江原氏に会わなければ清原は自決していたかもしれない。番組内で清原は江原氏のカウンセリングを受け人前をはばからず号泣したらしい。しかし、そのあとには生きる力が瞳に戻ってきたということだ。

       

        その人の魂のレベル、その人の環境を含めて「境涯」というが、境涯が高く開かれる時は有頂天的な人生の成功ではありえないであろう。むしろ、厳しい困難・挑戦や苦労でしかない。

        吾輩個人的には清原は好きでも嫌いでもないが、陰ながら「負けるな!」と応援したい。きっとどん底から這い上がって来た時には、間違いなく日常の景色が金色に輝いているに違えない!・・・・・・かっこええ〜

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
      Xmas イブ×2 聖夜の宴
      category: - | author: gootarian 作家
      0

         

         皆さんお疲れ様でした。この日はイベント通常営業合わせて60名近くのお客様が集いました。充分に楽しんでいただいたとおもいまする。和太鼓民謡kagerou、アキラ、アトミックK×2 どうも演奏ご苦労様でした。

         

         なにを隠そう、吾輩もkagerouの太鼓で参加しましたが結構大変でした。相方のメイン太鼓がもとTAOの孝雄くんでしたが、息をあわせるのが、中々難しい。和太鼓って見てると簡単そうに見えるがこれがまたやってみると大変だった。しかも選曲が「GOOST IN THE SHELL」の主題歌「Reincanastion」というマニアックかつ難曲である。

         全くをもって身の程を知れと自分に言いたい。が、何とか無事に不時着したという感じである。しかし、この曲のためにAmazonでハンドベルを注文したが、年末の遅延のため到着しなかったのだ。

         

         謡い娘さんもよくこの難曲をうたってくれた。感謝である。来年はさらにパワーアップして「格闘技&Rockの祭典」でも開くか。

        comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
        2017師走
        category: - | author: gootarian 作家
        0

           

            2017年も、もう終わろうとしておる。今年は本当に「新しく変化」した年であった。

           Cafe & BAR 「Gootarian」を立ち上げ、先日2回目のイベントを無事終えることができた。

          集客は、前回を上回り50名以上入店された。詳細については後日アップロードするとして、今年の総括としては、Cafeを開店したことにより新しい友人関係が大きく広がったことが一番であろう。

            

           まさにここを起点に様々な人間模様、また人生がクロスロードしているみたいだ。

          大げさな言い方のようであるが、カウンターから見る風景を題材に一本映画ができそうである。

           

           リップサービスでなく、皆いいお客様ばかりである。少々個性は強いが・・・( ´艸`)

           

           ゆっくりくつろげる街のリビング感覚、また都会にでても帰ってきたら必ず寄りたくなるお店目指して来年もがんばるべ〜!

          comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
          九州クリエーターズマーケット終了
          category: - | author: gootarian 作家
          0

             

             九州クリエーターズマーケットも無事終了した。

            残念ながらベストクリエーターにはなれなかったが、まあ上位入賞したと思う。さらにこれからはアートの道を究めるべく頑張んべ〜。

            comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
            創作の苦悩
            category: 日記 | author: gootarian 作家
            0

               

                今回の出品する作品だが、今までの作風にスティームパンクを若干組み込んでる。しかし、今回はベストクリエーターの返り咲きを意識してるあまり、非常に苦心しておる。

                つまり、作品のクオリティーやオリジナリティーの高さを求めてるあまり制作が遅い。考え込む時間が長いのだ。あと残りの10日で大小合わせて50品ほどは作りたいとこだが、大物の作品に2〜3日はついやしておる。あああっ・・・・どないしよう。

                昨年は、新作は殆ど作ってないが何と100品を一週間で作った。売り上げも目標を完全にうわまった。しかし、ベストクリエーターには次点になった。

               

                まあ、焦ってもしょうがない。「創作」とは、頭の中にある漠然とした世界観を物質的作品に表現する活動だが、それには技術力と時間がなければ表現できん。ドタマにはあるんだが、技術力と時間がないためフラストレーションが溜まる。残りの10日間少々方向を変更するかなあ・・・。

              comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
              ニューカウンター
              category: - | author: gootarian 作家
              0

                 

                  まあ、こんな感じでカウンターにしました。

                 皆さん、やっぱカウンターが好きだわ。そして、外には照明をふやしました。

                 

                10月のクリエーターズマーケットに向けて作品を創る毎日ですたい。

                comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                店内装リニューアルオープン
                category: Cafe & Bar | author: gootarian 作家
                0

                   

                  現在オープンして、三か月後に一部レイアウトを変えただけで営業を行って居るとこだが、3日から6日まで改装をすることにしたのだ。まあ、要は入口の部屋をカウンター席だけにして、グループのお客様は奥のギャラリー及びカリフォルニアルームにお通しする。

                   

                   特に夜のお客様は、居心地の良いカウンターを好まれる。なんせ今は3名しか座れへん。それを一気に8〜9名ぐらいまでのキャパシティーに拡大する。

                   

                   つまり、半年営業して夜はやっぱBAR路線が望まれていることが判明したのである。例えば、スペインかイタリアの地元のネイティブしか来ないような、ディープなバル。目指すは、一人でも安心してこれて、友達になれる民衆酒場である。

                  comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                  カウンターのビフォアフター
                  category: WORKS | author: gootarian 作家
                  0

                    白色のカウンターのリメイクしました。

                    お店が染物屋さんなので、何となく熊本城を意識してデザイン

                    角木杭・太鼓鋲がポイントなのだ。

                    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                    夏のミステリーナイト無事終了
                    category: Cafe & Bar | author: gootarian 作家
                    0

                       Gootarianイベント Vol1の「ミステリーナイト」も、お蔭様で無事終了することができました。

                      予想以上のお客様で、スタッフ関係者の皆様また協賛して頂いた皆様、出演者皆々様心よりお礼申し上げます。

                       

                       特に吾輩の思いつきで、コスプレをして頂いたスタッフの諸君には感謝である。

                      これに懲りず、またよろしくお願いいたします。ハロウィーンかクリスマスで、もう一発やりたいと思う。エンターテイメント的に更にグレードアップして今年を締めくくりたい。

                      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                      new old
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      LINKS
                      PROFILE
                      OTHERS
                      SEARCH