Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
<< イベント終了! | main | 穴から出てきたら暴れ者 >>
幻のざる板うどん
category: 日記 | author: gootarian 作家
0

     

     20年ほど前吾輩は、北九州に行った。小倉北区に平尾台というカルスト台地がある。知り合いの情報をもとに老舗の「かかし」といううどん屋でお昼をとった。

     「ざるうどん」でなく「ざる板うどん」となるものをたのんだ。うどんのトッピングは、レモンとシーチキンという非常に家庭的なものであったが、一口くって不覚にも唸ってしまったのだ。まさに「美味しんぼ」の一場面のごとく「こ・・・これはっ!」

      今迄、旅先でいくつものうどんをくってきたが、この喉ごし、深く味わいのあるタレはまさに絶品である。

      それから北九州にいく度、この「かかし」によってたのだが熊本に来て以来ご無沙汰であった。それが、今回北九州に用があって行った時、ふとしたことで思い出した。

     なんせ20年前の記憶である。現在まだお店があるかわからない。ネット検索したら現在位置に近いではないか。問い合わせしてみる「え〜となんか、昔食べたんだけど板のうえにのっておるぶっかけうどんみたいなのあります?」

     ありました!善は急げ!我ら一行は、はやる気持ちを抑えつつ国道を飛ばして向かったのだ。

     20年前に比べると店の周りは建物がたち、外観も若干かわってたが、ショーウインドの中身は当時のままである。我々は迷うことなく「ざるいたうどん」を頼んだ。そもそもこの際「ざる」は関係ないので「いたうどん」でよいのではないかと思うのだが、「ざるいたうどん」である。しかし、ざるでなく板を使っとる先見性はあっぱれである。たぶんレモンを絞るから板を使っているのであろうが、最近はバルブームでやたらと食材オンザ板である。それを20年前からやるとは・・・。

     ・・・で、「ざる」がないのに「ざるいたうどん」。やっぱり「ざる」という字から「美味しそう」と脳が連動するのであろう。20年前である。「いたうどん」では脳が「美味しそう」と連動せず、なんで食い物を板の上にのせるのか怪しからん、不衛生

    であるとイメージするから、ざる無し「ざる板うどん」なのである。

      まあ、あーだこーだ言ったが兎も角、絶品の一品である。

    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






    この記事のトラックバックURL : http://diary.gootarian.com/trackback/233
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH