Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
幻のざる板うどん
category: 日記 | author: gootarian 作家
0

     

     20年ほど前吾輩は、北九州に行った。小倉北区に平尾台というカルスト台地がある。知り合いの情報をもとに老舗の「かかし」といううどん屋でお昼をとった。

     「ざるうどん」でなく「ざる板うどん」となるものをたのんだ。うどんのトッピングは、レモンとシーチキンという非常に家庭的なものであったが、一口くって不覚にも唸ってしまったのだ。まさに「美味しんぼ」の一場面のごとく「こ・・・これはっ!」

      今迄、旅先でいくつものうどんをくってきたが、この喉ごし、深く味わいのあるタレはまさに絶品である。

      それから北九州にいく度、この「かかし」によってたのだが熊本に来て以来ご無沙汰であった。それが、今回北九州に用があって行った時、ふとしたことで思い出した。

     なんせ20年前の記憶である。現在まだお店があるかわからない。ネット検索したら現在位置に近いではないか。問い合わせしてみる「え〜となんか、昔食べたんだけど板のうえにのっておるぶっかけうどんみたいなのあります?」

     ありました!善は急げ!我ら一行は、はやる気持ちを抑えつつ国道を飛ばして向かったのだ。

     20年前に比べると店の周りは建物がたち、外観も若干かわってたが、ショーウインドの中身は当時のままである。我々は迷うことなく「ざるいたうどん」を頼んだ。そもそもこの際「ざる」は関係ないので「いたうどん」でよいのではないかと思うのだが、「ざるいたうどん」である。しかし、ざるでなく板を使っとる先見性はあっぱれである。たぶんレモンを絞るから板を使っているのであろうが、最近はバルブームでやたらと食材オンザ板である。それを20年前からやるとは・・・。

     ・・・で、「ざる」がないのに「ざるいたうどん」。やっぱり「ざる」という字から「美味しそう」と脳が連動するのであろう。20年前である。「いたうどん」では脳が「美味しそう」と連動せず、なんで食い物を板の上にのせるのか怪しからん、不衛生

    であるとイメージするから、ざる無し「ざる板うどん」なのである。

      まあ、あーだこーだ言ったが兎も角、絶品の一品である。

    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    春到来!
    category: 日記 | author: gootarian 作家
    0

       

       いや〜久しぶりのアップである。気がついたら3月も終わろうとしておる。

      初の青色確定申告でバタバタしておった。どうにかこうにかG税理士の協力もあり、終わらせることができた。

        引き続きD社の店舗内装のお仕事をやっておる。

        上の画像は事務室とカウンターのパーテーション工事である。朱色の武骨な感じでしあげた。う〜んいいね!想像通りの出来映えである。しかし、これはまだ半分。仕上がりが楽しみである。

      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
      TOKYO 2
      category: 日記 | author: gootarian 作家
      0

         

          3日目は、レンタカーを借りて終日見物ドライブである。家族4人で荷物が多いので、やっぱレンタカーがいいのだ。幸いにもこの日は平日であったので、海ホタルも意外と人はまばらである。ここと木更津間は、海上道路で天気がいいと最高に気持ちがいいのだ。しかし、さすが都会のドライバーは、終止イライラマックスドライビング状態である。この日妻の運転4時間の間に 2回もクラクション&眼見をやられた。しかも、バスの運ちゃんがである。最近運転手どうしのトラブルが話題になってるが、

        このバス会社では、いったいどのような指導がされておるのだろうか。

         

         しかし、つまらんトラブルはとにかく避けるほうが賢いと最近つくづく思うように変わってきた。

        「ほんとかよ。」と思われるかもしれんが、これからは、心を入れ替えて「へーへーどもどもスンマセン スンマセン」とにやけながら、知らんバカどもとの諍いはスルーすることにした。しかし、この技はかなり精神性の高い境涯が必要とされる。たぶんこの技が可能な境地になったら、万が一暴力をふられても冷静に対処し、相手を最小限の被害で納めることが可能であろう。

         

         

         

         年齢も40歳を超えるころから絶叫系アトラクがダメになった。不思議なものである。あんなに大好きだったのに 特に高い系が苦手になった。スピードはなんとか耐えられるが、高所のアトラクがいかんのである。しかし、ここの西部劇に出てきそうなトロッココースターは大丈夫だった。

         

         しかし、我が青春時代の東京はいいもんである。若かりし頃の気持ちが甦る。

         

         

          

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          ワークショップで、ボクササイズをやった。この日10名ほど体験セミナーをやったがなかなか好評である。今回は希麗屋さん主催のセミナーでやったが、またやってみたい。

        comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
        TOKIO
        category: 日記 | author: gootarian 作家
        0

           

           約二年ぶりの東京である。熊本と比べると本当にケタはずれにでかい。車・ひと・ひと・ひと・・でトラックが多い。そして、今回は晴れてるが非常に寒いのである。5日ほど前に降った雪がとけずにいたるとこに残っておるのだ。ちなみに上の写真は赤レンガ倉庫である。いや〜かっこがいい。やはり昔の建物は味わいがありかっこがいい。かっこがいいから残っておるのだろう。

           

            そして、吾輩がすんでおった30年前にくらべると国際化が異常にすすんでおる。海外からの観光客ももちろんのこと外国人が貴重な労働力なのだ。どこに行ってもアルバイトの主力は日本人より外国人の方が目に付く。これから東京オリンピックに向けさらに国際化に拍車がかかっていくことだろう。

           

              

           

            秋葉原の肉バル「肉ソン」の肉盛りである。う〜んいいね!こうゆうとこにくるとパーッいきたくなる。でも意外とリーズナブルで、肉盛りとサラダ・ワイン一本頼んで二人で10000円ぐらいだろう。

           

            しかし神田あたりのもつ焼きあたりなら腹いっぱい食ってのんでも、一人4000円ありゃー十分である。つづく

          comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
          熊本も雪景色!
          category: 日記 | author: gootarian 作家
          0

             

             熊本も寒波の到来で珍しく雪景色一色となったのである。非常に寒いが、なんーとなく癒される今日この頃である。昨日はいきなり車線変更してきた車をよけカークラッシュになりそうになったり、RKKコミュニティ会館を間違えてRKK本社に行ったりで何かと忙しい?日々であった。そのうえ家族からは、わしがその車を追っかけて横付けして怒鳴った行動を非難される始末である。わしはあんな危険運転をされ、黙っとるほど人間ができとらんのだ。対抗車線に車が来てたら、今頃あの世に行っておった。

             

             まあそうこうで、現在とある店舗の改装を引き受けて、まあまあ忙しい。昭和時代のデザインの店舗を味わい深いオシャレな店舗にする仕事である。

            れは、普通にクリーム色の壁紙だった上にジェットブラックのウッドボードを貼った。

             これだけで、かなり印象は変わるのである。まだまだ改装部分が沢山あるので、三月いっぱいかかる予定である。

             

             

            comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
            2018幕開け
            category: 日記 | author: gootarian 作家
            0

               2018年元旦。一年の計は元旦にあり。公私ともに「栄光の年」にする。

              昨年は「変化の年」であったが、今年はさらに広く安定させ大躍進の一年にする。

               しかし、犬は不思議な力をもっておる。これは最近ケンボウから聞いた話だ。

               

              ジャックは、基本2Fから3Fの階段は登れない。

               しかし、吾輩の闘病中の二年間だけは登れてたのだ。

               自宅の3Fがわしの病室であった。我が人生の暗黒の二年間だけはいつも3Fまで登ってきて、いつもわしの横に寄りそっていてくれた。

               お陰で、再び蘇ることができた。するとわしが全快して一週間後には、ピタッと登れなくなったらしい。

               

                不思議なもんである。わしを救う一念がこの犬に力を宿したのだろう。

                そのジャックも今年10歳になる。最後までジャックの恩に報いていくつもりである。

              comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
              謹賀新年2018
              category: 日記 | author: gootarian 作家
              0

                 

                明けましておめでとうございます。 

                  今年もよろしくお願いします。

                 

                 ネットTVで最近話題になっとるのが、清原和幸にスピリチュアルカウンセラーの江原氏が、カウンセリングした内容である。

                 

                  これ以上ないどん底状態の清原を救うことができるか否は今後の清原の生き方次第であろう。江原氏に会わなければ清原は自決していたかもしれない。番組内で清原は江原氏のカウンセリングを受け人前をはばからず号泣したらしい。しかし、そのあとには生きる力が瞳に戻ってきたということだ。

                 

                  その人の魂のレベル、その人の環境を含めて「境涯」というが、境涯が高く開かれる時は有頂天的な人生の成功ではありえないであろう。むしろ、厳しい困難・挑戦や苦労でしかない。

                  吾輩個人的には清原は好きでも嫌いでもないが、陰ながら「負けるな!」と応援したい。きっとどん底から這い上がって来た時には、間違いなく日常の景色が金色に輝いているに違えない!・・・・・・かっこええ〜

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                創作の苦悩
                category: 日記 | author: gootarian 作家
                0

                   

                    今回の出品する作品だが、今までの作風にスティームパンクを若干組み込んでる。しかし、今回はベストクリエーターの返り咲きを意識してるあまり、非常に苦心しておる。

                    つまり、作品のクオリティーやオリジナリティーの高さを求めてるあまり制作が遅い。考え込む時間が長いのだ。あと残りの10日で大小合わせて50品ほどは作りたいとこだが、大物の作品に2〜3日はついやしておる。あああっ・・・・どないしよう。

                    昨年は、新作は殆ど作ってないが何と100品を一週間で作った。売り上げも目標を完全にうわまった。しかし、ベストクリエーターには次点になった。

                   

                    まあ、焦ってもしょうがない。「創作」とは、頭の中にある漠然とした世界観を物質的作品に表現する活動だが、それには技術力と時間がなければ表現できん。ドタマにはあるんだが、技術力と時間がないためフラストレーションが溜まる。残りの10日間少々方向を変更するかなあ・・・。

                  comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                  生業としての創作
                  category: 日記 | author: gootarian 作家
                  0

                     K君の店舗内装のカウンター台の正面のデザインで、少々仕事も停滞ぎみである。

                    なんかいいアイデアをと・・バカ頭をひねるのだが、中々想い浮かばん。どうしても店の商品とのマッチングや業種など制約をいれると斬新なデザインが生まれない。

                     

                     という状態の時は、頭を空っぽにして色々な造形物などをぼーっと見るに限る。見るといっても、どこそこに行くには時間がないのでネットサーフィンをすることにした。

                     

                     全く便利な世の中である。家にいて様々なものがPCを介してだが、可能である。そんな中見つけたのだが、東京の会社で「造形集団」である。様々な商業施設や店舗施工の会社である。型破りの斬新なデザイン、豊富な仕事量といい圧巻である。

                     

                     日本にもいるんですね。こんなデザイナーが・・・。普通じゃない。

                     

                     失礼だが、たぶん普通じゃない人でしょう。スティーブジョブスやビルゲイツ並みの脳ミソである。

                     

                     

                     

                     とても真似できないデザイン力であり、また作る方も作る方である。とても高い施工技術力が必要である。

                     

                     吾輩はとりあえず施工も自前であるから、どうしてもデザインの際、制限がある。

                     

                    だが、この会社の作品はわしに大きな示唆を与えてくれた。と同時に夢や考え方を大きく跳躍させてくれたのである。

                     

                     

                     

                    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                    記憶
                    category: 日記 | author: gootarian 作家
                    0

                       

                       熊本は台風のたいした被害もなく、無事スルー。

                       本日は、熊本ラーメンの黒亭にのれんの取付工事の後、電子タバコを買ったのである。

                      どうもBARのマスターをしておると必要以上に喫煙してしまうのだ。

                       

                       

                       

                       一口吸って、懐かしい不思議な気持ちになった。

                       

                        以前、禁煙パイポを買ったことがある。たしか、福島の公園でカートに乗った時に落としたのだと記憶しているが、・・・・その時は自分はどうゆう状態であったかは、定かではない。

                       

                        なんとなくむずがゆい様な、安堵感の様な不思議な感覚なのである。ずいぶん記憶をたどったがわからない。その時の心境だとおもうのだが・・・。

                      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                      new old
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      LINKS
                      PROFILE
                      OTHERS
                      SEARCH