Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
カウンターのビフォアフター
category: WORKS | author: gootarian 作家
0

    白色のカウンターのリメイクしました。

    お店が染物屋さんなので、何となく熊本城を意識してデザイン

    角木杭・太鼓鋲がポイントなのだ。

    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    お盆休み
    category: WORKS | author: gootarian 作家
    0

       

        久々に看板の制作を頼まれた。文字体は明朝体の100均文字をオーナー様が持ち込み。

      雨風があたらなければペインティング処理だけで充分かな。MDF素材なので問題は湿気である。

       軒下なので、おそらく5年ぐらいは持ちそうだが、どうだろうか。

       

        さあ、お盆もまじかだが、吾輩は内装の仕事、オブジェの制作、イベントの準備を進めつつ息子と釣りにでも行きたいものである。

       

       イベントはミステリーナイト。ゲストは怪談噺家の稲山潤一先生である。

      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
      焼鳥屋さんのカウンターbefore After
      category: WORKS | author: gootarian 作家
      0

         

        知り合いの焼鳥屋オーナー様からレジカウンターの製作依頼があった。上記の画像がビフォーである。店内は木がふんだんに使われ立派な仕上がりであるが、レジ台は間に合わせで営業されてたのである。

         お店の第一コンタクトであるレジ回りで非常に気合が入った。オーナーのYさんの人柄も素晴らしく、まさに義理人情にあふれる女社長である。

         まず、天井の部分がいわゆる間が抜けた状態であったため、梁をパーゴラ状態にいれ、カウンターに向かって左壁に棚をしつらえた。そしてレジ台のデザインは、オーナーの倉庫に眠ってた古い茶箪笥を分解しデコレイトし、一枚物の杉の板を天板とした。

        中は移動式の三段棚で収容力がかなりある。

         我ながら、渾身の作品である。

         Yちゃんの喜ぶ姿が目に浮かぶできである。

         

        comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
        MY石釜リメイクじゃ!
        category: WORKS | author: gootarian 作家
        0
            

          我家の石釜をジブリ風リメイクした。耐火煉瓦の単層構造じゃったが、これでは保温時間が短い。やはりパンを焼くには少なくとも二重構造が必要じゃ。そこでコンクリートで覆ってみたのだ。ただの打ちっぱなしでは芸がないので、ジブリ風ジャンクアート調にした。
           やっぱ、グータリアンの十八番はジブリ風ジャンクアートできまり!
          comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
          いい仕事をする秘訣
          category: WORKS | author: gootarian 作家
          0

             年末年始をつかって工房をリフォームしたのだ。

            まず、1Fのジムをセパレートした。そして、観葉植物を置いてちょっといい感じ!

            これで、入り口から3部屋の工房となる。

            右手がデスクワーク。ここでアイデアを図面化&スモーキングエリア。

            鉄板製の作業台。作業台は完全なフラットが必需。キャスターで移動でき前後左右から作業可能である。本当は溶接台として使用したいが、換気が充分でないためここでは溶接は基本的しない。ここは、組み立てやハケでの塗装、仕上げを行う。

            ドアをあけると2室は、木工室である。おもにカットやトリミング程度をおこなう。

            この奥の第3室がコンクリートのたたき。溶接・溶断・研磨等粉塵の多い作業はここでする。
              とりあえず、こんなもんかのう。
            そして、今年一発目の注文品がこれですねん。

            Mさんから要望のサイドテーブル。M婦人「ジブリの世界みたいだわ。」

            comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
            九州クリエーターズマーケット
            category: WORKS | author: gootarian 作家
            0
               新作! 作った後で、気がついたが「ジブリのハウルの動く城」になった。
              おなじみコッパ君シリーズ!
              フライングこっぱ君。今年もこの季節がやってきた。二週間という短期の準備での勝負じゃのう。かみさんの手伝いあり、なんとかマグネット小物50体、コッパ君シリーズ25体、ガスキャップアート2個、ストックしてあったもの30ぐらい商品をそろえることでき、無事マーケット終了。
               まあ、売り上げは昨年を下まわるもののボトボチでんがな。やはり常に新しいものをチャレンジしていかんとファンにもあきられる。アーティスト本人が進化を続けんとだめじゃのう!一年ぶりにクラフトを作ったが、クラフト創造力の感をつかむのに一週間かかった。調子がでてきたときには本番の三日前じゃった。というわけで納得の一品は一番上の宇宙船ぐらいである。
                当然、目の高いお客様がお買い上げ。

              ガスキャップアートのライトも売れました。
              また、学ぶこともたくさんあった。店作りを含めた演出のしかたも大事である。またあるお客様が教えてくれたが、作品を世に広く知らしめたいなら動画を作ってネットを利用する方法が、よりベターな方法じゃないかということである。まあいずれにしても、来年はお店のカフェ化計画を軸に様々な挑戦をし、Gootarian躍進の年の序章スタートじゃ!!!


              comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
              aso~石釜
              category: WORKS | author: gootarian 作家
              0
                 
                久しぶりのアップどす。いやはや、今年の夏は雨ばっかりで青空が恋しい季節であった。
                 わしは、夏の後半からはほとんど休みなしで日常業務をこなしながらの石釜製作の日々であった。
                ・・・でもって気づいたことは、左官業務は形成の自由度が高く、よりアーティスティックな表現がしやすいと言うことじゃ。ただ問題は技術習得にキャリアが必要である。ちなみに今回は、お客様の商品であるので左官スタッフのY氏にご尽力いただいたが、我が店のリノベーションでは色々実験してみたいのう。ということで阿蘇Y邸の石釜もあと一回の作業で完成予定じゃ!

                comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                Pgのメニュウーボード納品
                category: WORKS | author: gootarian 作家
                0
                   
                  彫刻リンパサロン「Pg」のH様。クリエーターズマーケットで毎年きていただいてるH様。
                   素敵なサロンには、もともと緑のアクリルの看板があったのだが、心ない輩から無理に引っぺがされ角の部分がこわされてたのだ。その看板をリユースしたメニューボードである。我輩はこの日ひどい二日酔いで、大牟田から帰る道中で二回も戻す羽目になった。最近の二日酔いは、午前中は何とか耐えれるが、昼から夕にかけて一揆にくる。当然この晩は休肝日であるのだ。うう^っつ
                  comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                  ワールドカップ一戦前夜
                  category: WORKS | author: gootarian 作家
                  0
                     
                    今日は、M氏のTVボードの付属品{Danger Zone」の看板をお届けした。
                     M氏邸のインテリアもなかなかいい感じである。

                    TVボード・カウンター周りも、わしの作品とM氏のグリーンがマッチしてなんとも不思議な空間で、居心地がいいのだ。明日のワールドカップコートジボアール戦はここでM氏の同僚ともりあがるらしい。
                    みんなこのカッチョイイ空間をなんと言うかたのしみである。
                    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                    癒しのリビング
                    category: WORKS | author: gootarian 作家
                    0
                       
                      お払い箱になるはずの花器にまた使命を与えたのだ。デザインはおもろいが、センスは今一のキューブ型の花器。色もレモン色とグレーのツートーンだった。TVボードの納品の際、オーナーのM氏が観葉植物にはまってると聞き、ナットをくっつけカラーを鉄錆仕上げにしたのだ。陶器でできているので、よく見ると質感は違うはずだが、ナットがあるため人間の脳が勝手に鉄だと錯覚するのがおもろい。
                       きっと明日には、植物の宿となっていることだろう・・・。
                      オーナーのM氏、大手企業のプログラムの開発をされているため非常にハードワークらしい。お仕事の疲れを癒すリビングも我がグータリアンの作品で、かなり独創的気持ちのいいセンスに満ち溢れている。

                      ごらんのとおりグリーンがきいている。わしもテラリウムをちょっとだけした。う〜ん癒される〜。
                       こっぱ君に使えるで〜。

                       でもって・・・奥様の希望のリモコンラックをつけて完了!これまたオリジナルデザインですたい。
                      デザイン誌のエルデコあたりが、新進若手デザイナー・・・いや新進おっさんデザイナーとして載せてくれんかのう。
                      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                      new old
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      LINKS
                      PROFILE
                      OTHERS
                      SEARCH