Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
店内装リニューアルオープン
category: Cafe & Bar | author: gootarian 作家
0

     

    現在オープンして、三か月後に一部レイアウトを変えただけで営業を行って居るとこだが、3日から6日まで改装をすることにしたのだ。まあ、要は入口の部屋をカウンター席だけにして、グループのお客様は奥のギャラリー及びカリフォルニアルームにお通しする。

     

     特に夜のお客様は、居心地の良いカウンターを好まれる。なんせ今は3名しか座れへん。それを一気に8〜9名ぐらいまでのキャパシティーに拡大する。

     

     つまり、半年営業して夜はやっぱBAR路線が望まれていることが判明したのである。例えば、スペインかイタリアの地元のネイティブしか来ないような、ディープなバル。目指すは、一人でも安心してこれて、友達になれる民衆酒場である。

    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    カウンターのビフォアフター
    category: WORKS | author: gootarian 作家
    0

      白色のカウンターのリメイクしました。

      お店が染物屋さんなので、何となく熊本城を意識してデザイン

      角木杭・太鼓鋲がポイントなのだ。

      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
      夏のミステリーナイト無事終了
      category: Cafe & Bar | author: gootarian 作家
      0

         Gootarianイベント Vol1の「ミステリーナイト」も、お蔭様で無事終了することができました。

        予想以上のお客様で、スタッフ関係者の皆様また協賛して頂いた皆様、出演者皆々様心よりお礼申し上げます。

         

         特に吾輩の思いつきで、コスプレをして頂いたスタッフの諸君には感謝である。

        これに懲りず、またよろしくお願いいたします。ハロウィーンかクリスマスで、もう一発やりたいと思う。エンターテイメント的に更にグレードアップして今年を締めくくりたい。

        comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
        お盆休み
        category: WORKS | author: gootarian 作家
        0

           

            久々に看板の制作を頼まれた。文字体は明朝体の100均文字をオーナー様が持ち込み。

          雨風があたらなければペインティング処理だけで充分かな。MDF素材なので問題は湿気である。

           軒下なので、おそらく5年ぐらいは持ちそうだが、どうだろうか。

           

            さあ、お盆もまじかだが、吾輩は内装の仕事、オブジェの制作、イベントの準備を進めつつ息子と釣りにでも行きたいものである。

           

           イベントはミステリーナイト。ゲストは怪談噺家の稲山潤一先生である。

          comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
          生業としての創作
          category: 日記 | author: gootarian 作家
          0

             K君の店舗内装のカウンター台の正面のデザインで、少々仕事も停滞ぎみである。

            なんかいいアイデアをと・・バカ頭をひねるのだが、中々想い浮かばん。どうしても店の商品とのマッチングや業種など制約をいれると斬新なデザインが生まれない。

             

             という状態の時は、頭を空っぽにして色々な造形物などをぼーっと見るに限る。見るといっても、どこそこに行くには時間がないのでネットサーフィンをすることにした。

             

             全く便利な世の中である。家にいて様々なものがPCを介してだが、可能である。そんな中見つけたのだが、東京の会社で「造形集団」である。様々な商業施設や店舗施工の会社である。型破りの斬新なデザイン、豊富な仕事量といい圧巻である。

             

             日本にもいるんですね。こんなデザイナーが・・・。普通じゃない。

             

             失礼だが、たぶん普通じゃない人でしょう。スティーブジョブスやビルゲイツ並みの脳ミソである。

             

             

             

             とても真似できないデザイン力であり、また作る方も作る方である。とても高い施工技術力が必要である。

             

             吾輩はとりあえず施工も自前であるから、どうしてもデザインの際、制限がある。

             

            だが、この会社の作品はわしに大きな示唆を与えてくれた。と同時に夢や考え方を大きく跳躍させてくれたのである。

             

             

             

            comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
            記憶
            category: 日記 | author: gootarian 作家
            0

               

               熊本は台風のたいした被害もなく、無事スルー。

               本日は、熊本ラーメンの黒亭にのれんの取付工事の後、電子タバコを買ったのである。

              どうもBARのマスターをしておると必要以上に喫煙してしまうのだ。

               

               

               

               一口吸って、懐かしい不思議な気持ちになった。

               

                以前、禁煙パイポを買ったことがある。たしか、福島の公園でカートに乗った時に落としたのだと記憶しているが、・・・・その時は自分はどうゆう状態であったかは、定かではない。

               

                なんとなくむずがゆい様な、安堵感の様な不思議な感覚なのである。ずいぶん記憶をたどったがわからない。その時の心境だとおもうのだが・・・。

              comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
              ラジオ最高!
              category: 日記 | author: gootarian 作家
              0

                 

                  吾輩は、ながらラジオ族である。特にスクールオブロックは、息子に聴いてもらいたい。10代の悩める若者たちを励ます番組である。ラジオであるから、顔が見えないのでこっちは勝手に想像してしまうのだ。吾輩の中では、遠山校長はなんとなくDJの渋谷洋一氏。八城教頭はアンガールズの田中になっておった。

                  また、FMのめぐは、昔わしの中ではなんと土屋アンナであった。

                comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                sex pistolsのTシャツを買う。
                category: 日記 | author: gootarian 作家
                0

                   SPのTシャツを年がいもなく買ったのだ。しかもLサイズがなくて、Mサイズだがぴちぴちピッチでいくか。

                  comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                  モノづくり最高!
                  category: 日記 | author: gootarian 作家
                  0

                     

                    ということで、無事納品も終わり依頼主のY社長にことのほか喜んでいただきいい仕事ができました。

                     ポイントは、何と言っても古い和家具のファザードの利用である。和家具自体が持っている美を活かすことにつきますねん。

                      

                    T料理長も前の店で使ってた和家具を懐かしそうに思い出されておりました。嬉しいですね。

                     お土産にアサヒのレトロポスターを貰いました。うちの店に飾ろっ!

                    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                    焼鳥屋さんのカウンターbefore After
                    category: WORKS | author: gootarian 作家
                    0

                       

                      知り合いの焼鳥屋オーナー様からレジカウンターの製作依頼があった。上記の画像がビフォーである。店内は木がふんだんに使われ立派な仕上がりであるが、レジ台は間に合わせで営業されてたのである。

                       お店の第一コンタクトであるレジ回りで非常に気合が入った。オーナーのYさんの人柄も素晴らしく、まさに義理人情にあふれる女社長である。

                       まず、天井の部分がいわゆる間が抜けた状態であったため、梁をパーゴラ状態にいれ、カウンターに向かって左壁に棚をしつらえた。そしてレジ台のデザインは、オーナーの倉庫に眠ってた古い茶箪笥を分解しデコレイトし、一枚物の杉の板を天板とした。

                      中は移動式の三段棚で収容力がかなりある。

                       我ながら、渾身の作品である。

                       Yちゃんの喜ぶ姿が目に浮かぶできである。

                       

                      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                      new old
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      LINKS
                      PROFILE
                      OTHERS
                      SEARCH